ジュエリーの仕上げ直し

 

 

商品の新品仕上げと補修サービスについて

販売している商品によっては、アンティークとしての雰囲気を楽しんでいただく方のために、オリジナルの状態(商品によってはまったく手をかけない、なるべく手をかけない状態)で販売させていただいているものがあります。
商品は気に入っているけれども、例えば時計のケース・文字盤・風防の状態など、一部の傷みや古さが気になるという方は、傷んでいる個所の補修も可能です。
また同様に、全体を綺麗に仕上げる「新品仕上げ」サービスも行っています。

商品をご注文をいただいて納品をさせていただくまでの間や、時計の修理をご依頼の間に作業を行わせていただくと、機械は時計師が外装部分を宝飾技術者が担当し、平行して作業を進めます。
すでにお買い上げいただき、お使いいただける時計にも対応させていただきます。
詳しくは当店までお尋ねください。

 

 

時計のケースの傷やへこみの補修について

古い時計は、使用されていたアンティークですので、基本的には使用による細かな傷などがあります。
当店で販売している商品は、できる限りきれいな状態になるよう仕上げを行っていますが、補修するまでもない傷などについては、商品ページでご説明をさせていただいていますが、あえて補修を行なっていないものもあります。
少しの傷やアンティークの味として見ていただく程度のもの、もしくは補修するまでもないもの、あえて補修せずに販売価格を抑えさせていただいているなどの理由があり、状態を商品説明に記載させていただいて販売させていただいています。
 
ケース修理については、金・銀・金張りなど素材を問わず、ケースの傷やヒビ、へこみや穴など幅広く補修に対応させていただきます。
磨き直してメッキを掛け直したり、穴が空いている部分を埋める、ラグが折れてしまった部分の溶接など、状態に応じて様々な補修が可能です。
気になる点がありましたら、ケース補修についてお気軽にご相談ください。

 

 

補修に際してのご注意

細かな彫りの入っているものや繊細な部分については、補修によって模様が消えてしまうため補修が難しくなります。

また特に金無垢商品については、商品やケースによっては、厚みが非常に薄い部分があり、状態によっては補修をすると不都合が起こる可能性があるため補修できないこともあります。

ロウ付け(溶接)が必要な場合、金無垢素材では、アンティークと新しくご用意する素材では「年季」という点で色がどうしても違ってきます。
補修箇所が同じ金色であっても、黄色とやや赤みがかった黄色という色の違いや、色の濃淡に違いが出るなど、補修箇所がわかりやすく出てしまうことがあります。

金無垢ケースの補修による色むら
【 金無垢ケースの補修による色むら 】

 
 

銀素材に溶接をする場合、補修箇所が大きいと、銀が火入れによって焼けを起こすことがあります。
形としては綺麗になりますが、黒い部分が出るなど色むらを起こすことがあり、焼けが起こると磨いても元には戻りません。

銀ケースの補修による色むら
【 銀ケースの補修による色むら 】

 

全体的なメッキを行う場合、仕上がりは非常に綺麗になりますが、アンティークらしい色合いや雰囲気が損なわれてしまうこともあります。
ステンレス素材については、ジュエリーや時計に使用される貴金属とは固さが違い、工具が破損するほどで加工できませんので、当店では対応させていただいていません。

 

 

風防の交換と制作

当店で販売している商品では、できるだけ綺麗なもの・新しいものに交換をさせていただいていますが、その中でも、ごくわずかな傷がついている程度の場合には、アンティークの使用感として、できるだけそのまま販売させていただいています。
商品の状態として、補修もしくは交換をする必要が無いものと判断させていただいているもので、今後の使用によっても同様の傷がついてしまうことが予想され、新しい風防を作ると形によっては1万円もしくは数万円以上かかる場合もありますので、販売価格を上げないためにも、あえて補修をせずに商品説明に記載をさせていただくこともあります。

特殊な形状の風防

風防の交換については、傷の無いものに交換をご希望の場合はもちろん、特殊な形状の風防もお取り寄せもしくは製作が可能ですので、交換をご希望でしたらご相談ください。
素材についてはプラスチックもしくはガラスになります。
特殊な形状のものも、かなり多くの種類を入手することができますが、ガラス素材のものが入手できない場合はプラスチックもしくは制作することになります。
特殊なガラスを一から制作する場合には、数万円以上の高額になることがあります。
サファイアガラスについては、非常に厚みがあるため、アンティークの時計とは厚みや重さなどの点で合わせることができないものが多く、料金も非常に高額になります。

 

 

懐中時計チェーンの新品仕上げサービス

贈り物にしたいので新品のように傷なども無い状態に仕上げて欲しいというお客様は、新品仕上げについてご相談ください。
全体的に丁寧に研磨を行い、素材的に必要であれば、表面に指輪やジュエリーに施されているような厚いメッキを施して仕上げ直しをいたします。
ただしアンティーク特有の、古い質感や色合いが失われてしまうことがありますのでご了承ください。

2色のチェーン

 

 

懐中時計チェーンの留め金やクリップなどの付け替え

懐中時計のチェーンは、合わせる服装やスタイル、ベストやスーツなどに合わされない場合など、付属しているT字バーやクリップでは使いづらいこともあります。
クリップ状になっている部分を輪の形をしたものに交換する、T字バーの部分をクリップに交換するなど、留め金の付け替えが可能です。
できるだけ古いものから色合いを合わせてお付けしますが、在庫が無い場合など色合いが変わることがありますので詳しくはお尋ねください。

T字バーはベストなどのボタンから出す部分で、他の方からも見える部分です。
このバーに特にこだわりたいお客様がいらっしゃいましたら、装飾を施したT字バーのオーダーメイドなどもお伺いいたします。

T字バーとクリップ
このようなバーやクリップは、特にバネの入ったクリップ部分は破損などの起りやすい消耗品です。
バネが壊れてしまった場合には、同系の新しいものに交換をさせていただいたり、もしくは昔の古いものをお取り寄せして交換することも可能です。

 

 

懐中時計チェーンの飾りの付け替えや付属品の取り付け

チェーンに付属している飾りを、単品で販売されている飾りに交換したい、もう1つ付属品を付けた状態で受け取りたいなど、ご注文をいただく際に一緒にご注文いただければ交換や取り付けをさせていただきます。

古い銀製のマッチ箱や喫煙関係の小物、鉛筆ホルダーなどもチェーンに取り付けられていた定番です。
そのような小物もお探しでしたら、お取り寄せもさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

 

雑貨や小物の補修

アンティーク雑貨や小物など、素材が貴金属である場合は補修できることがあります。
開閉の甘い部分や傷などについては商品詳細に記載をさせていただいていますが、アンティークとしての雰囲気や色合いを損なう、補修するまでもないなどの理由で、あえて補修を行っていないことがあります。
補修をご希望の方はご相談ください。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
予備の機械の入手サービス
 
< 前のページ >
アフターサービスについて

 

関連記事