ベンラスの歴史と特徴


3本の矢のように3兄弟が紡いだ腕時計のためのブランド。戦時を駆ける。

 

 

ベンラスの歴史とご紹介

ベンラスの歴史は、会社名の由来ともなった3人の兄弟によって1921年に始まります。
その興りは時代が懐中時計から腕時計へと移り変わるその時、先見の明を持った兄弟たちが腕時計を作る会社として立ち上げました。

ベンラスの名前が世に知れ渡ったのは、軍用時計を生産する1メーカーとして政府の御用達となった第二次世界大戦の時。
第二次大戦後の急激な景気回復・需要の拡大の波にも乗り、機械の調達に苦しむメーカーがある中、ベンラス立ち上げ当初から使い続けたスイスメーカーとの太いパイプのおかげで、その需要を一気に飲み込んで急成長を遂げます。
その勢いは一時はアメリカの3大メーカーの1つとして、ハミルトンすら買収しかけたほどでした。

その後は70年代に始まる安価な電池式時計の台頭により、他の時計メーカー同様大きな路線変更を迫られます。
低価格商品の追加・今までの主な部品調達先だったスイスから日本・台湾などへの変更、こういったことが全て悪循環を招き、ベンラスのブランド名は失墜。
ベンラスの名前の下、傘下の事業や会社を統合しようと試みますが、その過程で倒産。

現在もブランド名は残っていますが、ブランド名のみでアンティークのベンラスとは実質的な関わりがありません。

 

 

アンティークベンラスのお勧めポイント

特に人気があるのは、第二次世界大戦からベトナム戦争にかけて生産された軍用時計。スイス製の部品を調達していた頃のものに人気があります。
40年代から飛躍したメーカーで、時計のデザインが豊富になった年代と重なることもあり、軍用時計以外のアンティークらしいデザインの時計も多く残されています。
初期の30年代、興隆した40年代から50年代中盤までの時計に味があり、この年代の時計がお勧めです。

 

 

ベンラスのアンティーク時計

ベンラスの時計を当店の商品から探す

 

 

参考記事とリンク

時計ファンのベンラスのページ
昔のベンラスの広告を見ることができます。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
メーカー紹介:ベンソン
 
< 前のページ >
メーカー紹介:ブローバ

 

関連記事