坐骨神経痛再発

梨状筋症候群の痛み用

以前、ブログでも書いたのですが、治ったと思った坐骨神経痛が、また再発してしまいました。
あれから、ずっと運動もしていたのですが、もうただ「なぜ??」と思うばかり。

 

今回の経過

何が悪かったのかな?と考えているのですが、もしかすると運動のし過ぎだったのかと。
こちらオーストラリアは、今は冬で寒いのもあるのですが、天気が悪い日が多かったので、室内で自転車を固定して乗っていました。
毎日だいたい30分ほど乗って、上半身もついでに鍛えようと、ペダルを踏みながら、上半身で軽いダンベル運動もしていました。

2日やって1日休むというサイクルを続けていたのですが、調子が良くなったので、3日で1日休み変わり、最近は休まずに毎日続けていました。
するとある日、なんだかなかなか足の筋肉痛が取れない感じがして、そんな感じが1週間ほど続き、お尻から足の指に掛けて、突っ張るような感じが・・・

「これは・・・」
坐骨神経痛経験者になってしまったので、すぐにピンときました。
そう、再発です・・・
あっという間にお尻の筋肉がカチカチになって、そこがとっても痛い。。。
太ももの裏側から、足の指先に掛けて痛みが。

 

すぐに運動をやめ、痛み止めと炎症を抑える薬が残っていたので、それを飲み安静に。
今回はすぐにストレッチを始めました。
前回、それで結構症状が治まったこともあって、今回もブックマークしておいたストレッチを。

でも症状が出てしまうとダメですね。
毎日ストレッチをするのですが、すぐには治らないので、2週間薬を飲み、1か月ほど運動はお休みになってしまいました。
今はなんとか症状も軽くなって、まだ引っ張るような感じは残っているのですが、少しづつ運動を始めたところです。

とはいっても、もう良くなったかな?と思って、昨日のことですが、庭を耕しモミジの剪定をしたら、夜にはちょっと痛みが出てしまいました。
疲れが原因なのか、運動をしていなかったので、筋肉も弱くなっていたのが原因なのか。
時間がある時には、できるだけストレッチというのが日課になりそうです。

 
 

坐骨神経痛でお困りの方に

私の場合は、前回のMRI検査で、背骨には異状がないということだったのと、明らかにお尻の筋肉がカチカチになっているのと、ストレッチが利いているので、梨状筋症候群というのが原因だと思います。
同じ様な症状でお困りの方に、私が試して良かったと思うことを、今回またまとめてみます。
原因や人によっても違うようですので、私のやり方が正しいわけではないと思います。

 
 

試してみて欲しいこと

ストレッチが利くみたいです。
私はこの2つの動画をブックマークして、このストレッチを続けています。
突然再発!となると、どんなストレッチだったか、動画を探し直さないといけないですから。

朝起きると、足が固い感じがするので、朝起きたらまずはストレッチをしています。
日中は比較的なんともないのですが、朝は特に、夜は疲れていると突っ張るような感じがすることがあります。
 

 

 
 

薬を飲む

もし炎症が原因なら、なかなか治らないので、薬を飲んでもらったほうが良いと思います。
オーストラリアなので、日本とは薬が違うと思いますが、私は傷みが収まるまで、この薬を飲んでいます。
成分にイブプロフェンと書いてあるのですが、知り合いから聞いたのですが、「ブルフェン」という名前で日本でもあるのだそうです。
お医者さんに処方してもらってください。
 
梨状筋症候群の痛み用

 
 

痛いときは出来るだけ安静

仕事などがあって、安静になんて普通はできないですよね。
できるだけ強い負荷がかからないように、足が突っ張るような無理な動作はしない。
これが早めに痛みを抑えるコツだと思います。

 
 

立って仕事ができる机を使う

症状が出ている時は、座ると太ももの裏側が痛くてしょうがないので、思い切って「座らない」という方法が良いみたいです。
立ったままで仕事ができる、スタンディングデスクというのがあるのですが、それがお勧めです。
 
たださすがにずっと立ったままだと大変なので、できれば電動で上下させることのできるタイプがお勧め。
足が疲れたら、電動でテーブルの高さを変えられるので、椅子にすぐに座ることもできますしね。
手動タイプも考えましたが、ちょこちょこ動かすことを考えると、電動の方がお勧めです。
日本とこちらで同じ商品というのは無いので、アマゾンで似ているものを探してみました。
 
写真付きでリンクを貼る方法がわからなかったので、アマゾンのアフィリエイトのリンクを貼ってあります。
今使っているものは、この商品が一番近いと思うのですが、このようなデスクを探していただくのが良いと思います。

最初は立ちっぱなしは大変なのですが、次第に慣れていって、まったく座らなくても大丈夫になります。
色々調べてみると、動かないで立ちっぱなしというのも良くないようなので、適度に座りながら、適度に歩いたりしたほうが良いと思います。

今回、ずっと立ったままという状態が増えてしまったので、それも再発の原因ではないかなと思っています。
足に筋肉が付いてくれると、腰で立っている状態から、足で立っているのが実感できるようになります。

 
 

他にもやっていること

【 ベットで寝ずに床に布団を敷いて寝る 】
オーストラリアなので、床に布団を敷いて寝る人はいないのですが、症状が出たらすぐに床で寝るようにしています。
 
【 できるだけ座らない 】
太ももの裏側が痛くなって、座るとそこが本当に痛いので、仕事でもなんでも、できるだけ座らないようにしています。
バスや電車の移動も、できるだけ立つようにしています。

 
 

治ってきたら

少し症状が治まってきたら、まずは軽く歩くだけから。
色々他のホームページなども読んで、今回の経験も踏まえてですが、動かさなすぎるのもよくないようです。
ちょっと調子が良くなってきたら、軽く歩いて、足や筋肉を動かしてほぐしてあげるのが良いみたいです。
とにかく無理をしない、疲れるところまではしないというのが大切みたいです。
 
なんだか坐骨神経痛・梨状筋症候群とは長い付き合いになりそうです。
同じ症状が出ている方のお役に立てばよいのですが。
本当に大変ですね。

関連記事