枯れ木の美しさ

メルボルン市内の冬の風景

当店のあるメルボルンは、そろそろ本格的な春を迎えるところです。
まだ日本の桜が咲いてくれるまでには、まだ1か月ほどあると思いますが、早咲きの桜や梅の系統は、早くも満開を過ぎ散り始めました。
あとは木々が芽吹けば、ちょっと寂しい風景も、新緑で心弾むような景色に変わってくれるはずです。

 

昔は、冬の時期にメルボルンに来る方は、雨が多いのでちょっともったいないなと思っていたのですが、最近は少し見方が変わりました。
まあ確かに、有名な観光地が海沿いにあるので、冬は天気も悪いし、海からの風はとんでもなく冷たいので、お勧めできないことには変わりないのですが、市内散策くらいなら、冬場には冬場の良さもあります。

先日、ちょっとゆっくりと市内を歩くことがあって、こんな写真を撮ってきました。
緑のある季節はもちろん、緑が写真に映えて綺麗なのですが、葉っぱが落ちてしまった時だからこそ、街並みや古い建物がしっかりと見えるんですよね。

メルボルンに来られて、「雨だな」と残念に思われることがあれば、こんな景色を楽しんでいただくと良いかもしれません。

メルボルン市内の冬の風景

メルボルン市内の冬の風景

メルボルン市内の冬の風景

 

前回のブログでお伝えした、アクセス障害ですが、結構早めに復旧しました。
インターネットのサービス会社のことなので、内情はまったくわかりませんが、火曜日頃にはいつも通りに戻りました。
月曜日はまだちょっと遅く感じるところがあったのですが、それから日を追うごとに良くなって、今はまた快適に使えています。