メンズ腕時計の選び方


すでに持っている時計では足りない部分、より遊び心や特別さを求めるのがお勧めです。

スーツ姿の男性と腕時計

 

 

フォーマル向けはアンティーク時計の独壇場

ご購入に当たって一番考えていただきたいことは、やはりアンティークとしての特別さ。
男性であれば仕事などでも着ける機会が多いため、たいていの方が複数の時計をすでにお持ちです。
こういった時計が好きだから・こんなスタイルの時計が好きな方だからと、今持っている時計のスタイルと同じものを買うのも良いのですが、せっかくアン ティーク時計を買うのですから、当店ではアンティークだからこそ、アンティークでしか手に入らないものをご購入されることをお勧めしています。
その理由は、「アンティーク時計だからこそ」できることがあるからです。

例えばある方がステンレス系のすっきりしたデザインの時計を好んで使っているとしましょう。
ではその方がフォーマルな場で着けられる時計、金側の時計などをお持ちでしょうか?
こういったタイプの時計はまさにアンティーク時計の独壇場。
フォーマルな場には、アンティーク時計が本当にぴったりとくるものです。

カップルの男性に見える腕時計

実際に、フォーマルな着こなしが必要な場に招かれて服を着てみたまでは良いけれど、それに合わせる時計が無いと思うのは良くあることなのです。
たくさん時計を持っていても、あまりないシチュエーションに合わせる時計は、実際のところ持っていない方が多いのです。
今持っている時計ではなく、ここぞのときに使ってもらえる時計をプレゼントすると本当に喜ばれます。
もちろんご自身用にご購入されるにしても、あって良かったと思うもので、今までとは違った時計を持つことで、ちょっと特別なところにも着けていきたいと、時計に合わせてさらに行動範囲も広がります。

アンティーク時計は非常にきれいなデザインで、写真ではやや派手かと思われるものでも、実際に着けてみるとデザインや色合いともに非常に上品です。
今まで金時計をしていなかった方でも、アンティーク時計の金時計を着けるといやみの無い上品さに驚いたというお声をたくさんいただきます。
男性は特に腕時計を着ける機会が多いので、ぜひアンティーク腕時計の魅力にも触れてみてください。

 

 

時計のスタイルと合わせる服装から選ぶ

時計をお選びいただく時に、最も定番の考え方です。
時計をスタイルで分類すると、仕事用やフォーマルに合わせる金時計から、宝石の施されたよりフォーマルなもの。
シルバー系の落ち着いた時計、そしてここに選択肢として軍用時計が入ります。
お好きな形で選んでいただくのが一番ですが、どのような用途や服装でご利用になられたいかによって、時計を選んでいただくのもお勧めです。
アンティーク時計は、その雰囲気が格別。
フォーマルな装いや仕事用のスーツに合うのはもちろん、ミリタリータイプはジーンズのようなラフなカジュアルにもよく合います。

お洒落な服装と腕時計

仕事用やフォーマルな場での利用をお考えで、服装がスーツやシャツ・カジュアルではポロシャツ系が多ければ、ミリタリースタイルの時計を除けば、どの時計をお選びいただいても良く似合います。
特に金側の時計は、フォーマルな服装やスーツ、カジュアルな服装の中でもスマートカジュアルと呼ばれるシャツやポロシャツにパンツというスタイルには良く合います。
普段着やカジュアルなTシャツとジーンズという組み合わせに合わせるなら、シルバー系やミリタリースタイルがお勧めで、特にミリタリー系軍用時計はジーンズには良く合います。
また腕時計以外にもお勧めしたいのが懐中時計で、懐中時計に鎖を合わせたセットは、スーツ・コートなどの仕事着やフォーマルな服装に非常に良く合います。
もともと紳士のアクセサリー・身だしなみの1つであった懐中時計は、身に着けると周りの人にまったく違った印象を与えます。

 

 

時計のサイズはおおむね同じ

男性用の腕時計のサイズは、腕時計初期から1970年頃までのものは、おおむね同じような大きさです。
どれもおおむね3~3.5センチ前後の大きさで、時計によって若干違いはあるものの、この年代を通してはどれも同じようなサイズです。
時計をする目的がよりファッション面に向けられた現代では、かなり大きな腕時計が一般的になっていますが、それまではそれほど大きさに違いはありませんでした。

大きな腕時計を好まれる方以外は、サイズは特に気にしなくても良いポイントです。
時計のデザインや合わせる服装を、お選びいただく基準にしていただくべきでしょう。

 

 

時計の形とデザインで選ぶ

時計の形をおおまかに分けると、丸型・スクエア(四角)・レクタンギュラー(長方形)・トノー(樽型)に分かれます。
それぞれの時計のデザインにもよりますが、一般的な外観の印象としては、縦長スタイルのレクタンギュラーやトノー型はスーツなどのフォーマルな服装向きです。
アンティーク時計をお求めならお勧めしたいのがこのスタイルで、現在販売されている腕時計ではこのスタイルはラインナップも少なく、作りも工業生産品的で見た目に上品さも欠けます。
アンティーク時計なら、色やデザインはもちろん、作りも特別で雰囲気がとても上品です。
さらに40年代頃のアンティーク時計では、全体的にカーブを描いた形のものもあり、お選びいただける幅も格段と広がります。
男性の方でも、特別な場所で着ける・上品に着ける時計となるとあまりお持ちではないので、プレゼントとしてもこのスタイルをお勧めしています。

男性用腕時計3本

陶製の文字盤(白地に黒の文字)は印象・雰囲気としてややカジュアル向き。
ジーンズやポロシャツなどプライベートで着けていただくという用途に向いています。
あまり服装は気にしないという方でも、アンティーク時計なら見た目がまったく変わりますし、こだわりのある男性の方にとっては、アンティーク時計ならそのこだわりをぴったりはまる1点になることでしょう。

数は少なくなりますが、黒い文字盤の腕時計もあり、文字盤が黒の場合はインデックス(数字)部分や針はゴールドなので、より引き締まった印象です。
時計の形によっては、カジュアルやフォーマルにも合わせていただけるデザインです。

よりフォーマルな場に合った時計をお探しなら、文字盤などに宝石が施されたもの、レクタンギュラーでも細く長めのスタイルはフォーマルにとても良く合います。
男性の場合は腕時計以外にも、ベストに懐中時計とチェーンを合わせるというのも1つの選択肢になります。

 

 

時計に取り付けられるベルト幅は大きなポイント

腕時計はベルトを変えるとガラッと雰囲気が変わりますが、ベルトの色柄はもちろん太さでも印象はまったく違ってきます。
男性用の腕時計は、取り付けられるベルトの太さは大事なポイント。
太いベルトなら男性らしく力強い印象になり、細いベルトなら上品・お洒落な印象が強くなります。
アンティーク時計では、細いベルトでは幅が約10ミリ。
一般的な太さでは14~18ミリ幅のベルトを取り付けることができます。

太めのベルトの腕時計をしている男性

がっしりとした体格の方やより男性らしさを出すには、太めのベルトを取り付けられる時計がお勧めで、16ミリ・18ミリ以上のベルト幅がある時計をお勧めします。
体格や腕が細めの方・上品に時計を着けたい方、またフォーマルな雰囲気の場での利用をお考えでしたら、14・16ミリ程度がお勧めです。
腕時計が作られた初期頃の時計では、10・12ミリという幅の時計もありますが、この幅は少し細めで、人によっては好き嫌いがある太さになります。
このサイズの時計をお求めの場合は、お近くの時計店などで10・12ミリのベルトを腕に巻かれてみることをお勧めします。
ベルトをオーダーメイドで作らせていただいて、特殊にカットしてもらうことで、取り付け部分は細めでベルト自体は太くするということもできます。

 

 

販売しているメンズ腕時計のご案内

当店では下記以外の商品も多数取り揃えております。
すべての商品をご覧いただくには、こちらから商品カタログのページをご覧ください。
<メンズ腕時計を当店の商品から探す>

 
 

< 次のページ >

レディース腕時計の選び方

手を組んだ女性と腕時計
金銀プラチナそして宝石と組み合わされた豪華な時計、そしてアンティークならではの上品な時計と、アンティークの婦人物は種類も豊富で華やかです。
続きを読む

< 前のページ >

針と文字盤に見られる塗料

針やインデックスに蛍光塗料が施された古い腕時計
現代の時計にも見られる蛍光の針やインデックス。非常に年代の古い時計から受け継がれたもので、その古び方にはアンティークならではの味があります。
続きを読む

 

関連記事