芸術のような懐中時計ケース

 

 

見て持って感動してもらいたい職人技

懐中時計によくみられる「ケースアート」とでも呼ぶべき、素晴らしい装飾の数々。
様々な彩りを施し色鮮やかなもの、模様が細やかで繊細華麗であるものまで本当にさまざま。
懐中時計から腕時計に時代が変わっても、そこには華麗な技と美しさが受け継がれています。

特に懐中時計のケースには、非常にきれいな模様が描かれているものがたくさん。
非常に細かく繊細な図柄が手彫りで彫られたものや、同じ金でも多彩な色で草花を表現したもの、豪華に宝石を鏤めたもの、またそれらすべてが組み合わされたもの等、一級の美術品と肩を並べるようなものまであります。
芸術品としか呼ぶに相応しい1点を作らせるのは、依頼者の想いか、それとも職人の究極を目指す心意気か。
お金では買えない価値観が、そこには感じられます。

彫りの美しいケース

驚くべきことに、これらが作られたのは1900年前後であり、現代のように自動で模様を彫りこんでくれる機械などはもちろんありません。
職人の家で作られていた時計が、やっと工場とは呼べないまでも寄り集まって、少しは集約的に作り始められた頃。
「何かを作る」時に必要とされていたのは、機械ではなくて「職人の技」であった時代です。

まるで機械で計算されて彫られたかのような緻密な模様。
そしてまるで芸術品であるかのような素晴らしいモチーフとデザイン。
一つのケースを作り上げるのに、非常な集中力と技術、そして多くの時間がつぎ込まれたことでしょう。
現代からは想像することもできない、まさに職人たちが活躍していた時代だからこそ作られたといえる芸術品です。
下記の映像では、時計のものではありませんが、一般的な金属の彫り物がどのようにして行われているのかをご覧いただけます。

 

 

腕時計にも受け継がれる

1920年頃には懐中時計から腕時計へと時代は早くも移り変わり始め、懐中時計で培われた装飾技術は腕時計へも伝えられます。
腕時計でも1930年頃までのものでは、懐中時計と同様の装飾が施されているものがあり、時計自体の形はシンプルながらも、下記の写真のように、少し時代を感じる装飾手法が見られます。

黒い花模様が施された腕時計

年代が進むにつれて、時計はよりファッションとしての要素が強くなり、よりジュエリーらしいデザインやスタイルのものが多く作られるようになり、高級なものではダイヤモンド・ルビー・サファイヤなどの宝石が鏤められていくことになります。
40年代になるとケース自体の形やデザインに工夫を加えることが主流になり、紳士物はより形にこだわり、婦人物の時計のサイズは小さく、宝石が鏤められるスタイルに変わります。
現代の腕時計との大きな違いは、現代の「大量生産ができる売れ筋のものだけを作る」というスタイルとは真逆。
例え売れる数が限られていても、変わったものでも作るという点。
「良いものを作る・素晴らしいものを作る」という意識が感じられる点でしょう。

たくさんのダイヤモンドが鏤められた婦人物腕時計

たかだかケースのデザインと思われるかもしれませんが、現代の新しい時計を見ると、どの時計を見ても同じようなケースであることを考えると、どれだけのこだわりを持って作られていたかをわかっていただけるはず。
百貨店の時計売り場に行っても、「どの時計も同じ感じがする」のは、現代ではどのメーカーも同じものを売っているからでしょう。
アンティーク時計のケースデザインは「アート」と呼べる魅力の1つ。
例えシンプルなデザインであっても、しっかりとしたこだわりを感じていただけるはずです。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
懐中時計の魅力
 
< 前のページ >
アンティークの魅力

 

関連記事