よくあるお問い合わせ


商品やサービスについてなど、比較的よくいただくお問い合わせ内容にお答えしています。

古い本

 

 

アンティーク時計について

良い点と悪い点を教えてください
アンティーク時計には、現在の時計にはない上品で美しいアンティークならではの雰囲気を持っています。
機械的に大量生産された時計と、職人の手によって組み立てられ、職人を必要とした時代の時計との違いは見た目にも明らか。
ケースなどが美しいことはもちろん、時間を示す針ひとつをとってみても、その形やデザイン・切れのある作りに感心すること間違いなしです。
現在のように大量生産された時計と違って、一つひとつが職人たちが作り上げた芸術品。
作られた時代的にも、富裕層と呼ばれる貴族階級の名残りや社交界などが存在し、華やかな時代に作られたもの。
ドレスウォッチやミリタリーウォッチに代表されるような、現代の時計とは見た目やデザインが違うことはもちろん、100年以上も使い続けられる品質の良さも特徴です。
また毎日巻き上げるひと手間かける楽しみや、コチコチと動く音が聞こえる・時計の息遣いが聞こえるのも、デジタル時計には無い、機械式時計であるアンティーク時計だからこそ楽しめる大きな特徴です。

短所と言える点は個性ともいえるもので、マイナス面とるかアンティークだからこその特徴や経年による味だと受け取っていただくかにもよります。
手巻き式時計の場合は毎日1度リューズを巻き上げていただく必要があります。
この点はデジタル時計に慣れている方だと面倒だと思われる方もいますし、毎日巻くことを楽しいと感じられる方もいます。
また年代的に防水・姿勢差による補正機能等もありませんし、年代による技術的なことや経年による機械的な磨耗という面で一日に若干の誤差がでます。
デジタル時計のように誤差がほとんど無いということはなく、きっちりとした時間を計るには向きません。
これらはアンティークだからこそ楽しんでいただける味でもありますので、巻くことや誤差が出ることがめんどうだと感じられる方、大切にお使いいただけない方にはアンティーク時計は向きません。
そして外観的なことですが、使用されていたものですので、小さな傷やくぼみなどは必ずあります。

実用として使うことができますか?
当店では、コレクション用や使わずに飾っておくだけの時計は基本的には販売していません。
一部コレクター用や観賞用として、展示用や収集用として価値の高いものを販売させていただくことはありますが、全ての時計は、「時計は使われるために作られている・使っていただいてこそ価値がある」という当店のポリシーのもと、普段使いをしていただけるだけの品質を備えた時計を揃えています。
懐中時計が一般に普及し始めた1900年頃の時計であっても、非常に古い初期の腕時計であっても、当時の人たちは普段使いとして使っていたものですので、もちろん実際にご使用いただけます。
ただし、デジタル時計や新しい時計とは違って、丁寧に扱っていただいたり、ご使用に当たってお守りいただくことはあります。
この先どのくらい使うことができますか?
これに関しては正確なお答えをすることはできませんが、アンティーク時計は機械式時計ですので、部品の修理や整備が引き続きできる状態のものであれば、それこそ、その時計が今まで時を刻んできた期間と同じほど、数十年と動かし続けてあげることができるものです。
時計が作られた当時、機械ではなくケースには、保証期間が10年・20年と刻印されているものがありました。
言い換えてみれば、時計のケース自体はそのくらいで悪くなってしまうだろう、ひいては機械・時計としてもそのくらいの期間を使われるものだと見積もられていたと考えることができます。
ですが現在当店の商品群にご覧いただける通り、また他のお店でもアンティーク時計が販売されている通り、機械式時計は100年経っても元気に動いている時計がたくさんあります。
これは職人が手をかけた時計、職人がメンテナンスをすることができる時計が、どれほど長持ちするものであるのかを物語るものであると言えるでしょう。
利用状況や保管する環境、メンテナンスの頻度や時計自体の状態など様々な因子によりますのでお約束をすることはできませんが、正しく使ってケアをしていただければ、50年そして100年と、お子さんからお孫さんの代まで受け継いでいただけることでしょう。

それに比べて、電池式のデジタル時計などでは、機械式時計のように個々の部品で構成されているわけではなく、携帯電話やテレビのように電子基盤が元になっています。
お使いのテレビや携帯電話が、この先数十年と使い続けられると思われますか?
長くて5年・10年で故障するだろう、買い替え時だろうと思われるように、同じくデジタル時計には正確で便利な反面、長く使っていただくという用途には信頼性が足りない面があります。
またどんなに高級なメーカーの時計であったとしても、電子基板で動いているものは、故障をして同じ部品が無ければ修理をすることはできません。
メーカーの部品の保管期限が国内では長くて10年以内、高級海外メーカーの長いところでも30年もすれば部品の保管期限が終わります。
その期限を過ぎてしまうと、メーカーであっても部品が無いため修理してもらえなくなりますので、デジタルやクォーツは壊れてしまえば、長くてもそのくらいの期間が使用できる限度です。
この点で比べると、アンティーク時計はアンティークとしての価値もあり、メンテナンスをすれば非常に長い期間お使いいただけるものだと言えます。

100年前の時計もちゃんと動きますか?
現代の機械式時計と呼ばれる時計の基礎技術は、懐中時計が一般に広まる1900頃には完成していたといわれています。
のちの年代の時計と比べると、もちろん技術的な点や状態面での違いはありますが、時を刻むという点においては、変わらない基礎がすでに出来上がっていた時代であり、手仕事の良さが光る質の良いものが多かった時代ということが良い方向にも働いています。

当店で販売する時計のように、作られてから100年が過ぎていても、質の良いアンティーク時計は、問題無く時を刻んでくれます。
こちらで扱わせていただく時計は、部品の調整やメンテナンスを済ませているもので、100年経っていてもご使用いただけます。
またお届けして問題があった場合にも、国内で再調整やオーバーホールなどの対応をさせていただきます。

壊れやすいと聞きました
アンティーク時計が壊れやすいと言われるのには、いろいろな理由や入手経緯が原因となっていることがあります。
長く古い時計を専門に扱わせていただいている当店としては、「基本的には正しく整備され、正しく丁寧に扱われているものであれば、簡単に壊れるものではありません。」

壊れやすいと言われることがあるのは、インターネットを介した個人での売買や、お店によってはちゃんとメンテナンスを行わずに販売しているところもあり、それが大きな原因です。
「平置きで誤差何分」「オーバーホール済み」という言葉が記載されていますが、平置きとは時計の問題が動作に影響を及ぼしにくい状態での誤差のこと、オーバーホール済みとはいっても、正しい作業をされているかどうかもわからず、技術者が手をかけたものであるかもわかりません。
また得てして、そのような形で販売される時計には、正しい使い方などの説明書や知識が伝えられるわけではありません。
そのため、「問題のある時計」が問題のある形で流通してしまうことによって、使われた方が「すぐに壊れてしまった」と思われることが多くなっています。

古い時計があったとして、整備がされていない時計であれば、油が切れていたり、機械が汚れていたり等、部品に問題を持ったままかもしれません。
整備歴がわからない時計を動くからといって動かしていると、錆びたオイルの切れた車を動かしているようなもので、止まらないはずはありません。
また間違った扱い方や使われ方をされれば、それはどんなものでも同じで、壊れるべくして壊れます。

「オークションや他店で購入したけれどもすぐに動かなくなった」という修理のご相談を、当店にもよくいただきます。
特に古い時計の場合は、専門の技術を持った時計士によって整備、メンテナンスが行われていなければなりません。

誤差があると聞きました
アンティーク時計は、電子的に動くデジタル時計とは違い、チクタクと小さな部品が噛み合い動かし合うことで動く機械仕掛けです。
重力に影響を受けるように、時計を身に着けた時に天地が変わる、左右への振りなどがあれば、部品の動きにわずかながらも影響を及ぼします。
またその時計自体が出せる精度の限界、今までに施されたメンテナンスの結果、部品自体の摩耗などもあり、それらが原因となって、どんなに良いメンテナンスを施したにしても、どんな時計にでも必ず誤差は生まれます。

1日に3~5分ほどの誤差であれば、12時間で1分から3分程度の誤差だということ。
それをさらに1時間単位に直してしまえば、1時間あたりに5秒から15秒程度の誤差ということにしかなりません。
古い時計をお使いいただくに当たって、それだけの精度が出せていれば十分ではありませんか?
こういった誤差はアンティークならではのもので、言ってみれば少しエンジンのかかりが悪い、ハンドルが重いなどのクセがあるけれども、気に入っている愛車のようなものです。
今や時間は携帯電話でも見れるものですし、「この時計は1日で1分遅れる」そういたことがわかりながらお使いいただくのも、アンティーク時計の楽しみ方の1つです。
誤差を気にされる方にアンティーク時計は向きませんので、デジタル時計をお買い求めいただくことをお勧めいたします。

 

当店の商品について

使い方がわからないのですが大丈夫でしょうか?
昔の手巻き時計をご存知であれば、基本的には手巻き時計と使い方は同じです。
ただ最近は、手巻き時計自体をご存知でない方も非常に多くなっていますので、当店では時計をお届けする際に「アンティーク時計の使い方」をまとめた説明書・小冊子も合わせてお届けしています。
一般的なアンティーク時計の使い方からケアの仕方、また問題があった際の対処方法など、詳しく写真入りでご説明していますので、アンティーク時計が初めてという方やプレゼント用としても問題なくご使用いただけます。
また当店のホームページでも、詳しい説明と写真入りで一部ご説明をしています。
保証はありますか?
当店の時計には、全て1年間の動作保証をさせていただいています。
お届け時の問題・ご使用いただいての問題など、できる限り対応をさせていただきます。
また保証期間経過後の故障にも、出来る限り対応させていただきます。

1年間の保証をお付けする理由は、末永くお客様にお使いいただきたいという思いから。
またお届けをしたばかり・ご使用を始められたばかりの時は、アンティーク時計ならではですが、誤差や動作に問題がでることがあるため、その対応をさせていただくために少し長めの保証をお付けしています。
商品としてはランニングテストを経て、確実に整備されたと思われるものであっても、輸送中の衝撃や通関の際の磁気帯び、また整備の際にはわからなかったり、症状の出なかった問題などもあるためです。
当店のネットワークとサポートで、しっかりと対応させていただきますので、安心して当店をご利用ください。

壊れた場合はどうなりますか?
当店では1年間の保証期間経過後も、修理・オーバーホールを必ず責任を持って担当させていただきます。
アンティーク時計を扱う専門店として、日本国内の修理店はもちろん、海外の修理店・時計士とも提携をしています。
破損具合・故障箇所によっては部品の調達などが難しいものもありますが、当店はさまざまな故障・部品の調達などに対しても、国内外に非常に強いネットワークを持っています。
ケースやガラスの破損はもちろん、壊れてしまった部品の調達まで幅広い対応が可能です。
できる限り修理をさせていただきますので、安心してご使用ください。
オーバーホールはしてありますか?
当店の販売する時計は、お届けまでに必ずオーバーホールをしてからお届けします。
入荷してから商品になるまでに選別と修理、オーバーホールを行い、またご注文をいただいてから改めてオーバーホールと最終調整を行った上で、商品をお届けします。
納品まで1ヶ月から1ヶ月半ほどお待ちいただきますが、メンテナンスをしたばかりの最も良い状態でお届けします。
1級時計技能士やCMW、海外でもそれに準じた資格、技術や経験を有する時計士によってメンテナンスが行われていますのでご安心ください。
写真がとても綺麗ですが実物はどうですか?
当店の商品写真は、できるだけ大きめの写真を掲載し、細部まで撮影できる高性能カメラを使用しています。
小さなホコリなどがあればそれも撮影されてしまうほどですので、商品自体に傷みや汚れがあればそれらも写りこんでしまいます。
撮影機材や条件、またご覧いただくパソコンや携帯端末の発色具合で若干色は違って見えることがありますが、写真での美しさや状態の良さは、そのまま商品の美しさ・状態の良さであるとお考えいただいて結構です。
誤差はどのくらいですか?
当店で扱わせていただく時計全般では、1日24時間で3~5分程度ですとご案内をさせていただいています。
作られた年代によっても違いはありますが、1900年前後のものであれば3~5分程度、40年代以降の腕時計であれば30秒~2分程度が目安になります。
実際のところでは、個々の時計によって誤差は違い、誤差の大きいものでそのくらいまでです。

ただお客様の中には現代の時計と同じような、誤差の無い時計を求められる方もいらっしゃいます。
そのような精度を求められるお客様ですと、お客様にも商品をお届けしてから喜んでいただけないことになってしまいますし、お届けするこちらとしても、ご理解いただけないものをお送りすることになってしまいますので、アンティーク時計には「誤差がある」ことをしっかりとご理解いただいてご購入いただくために、あらかじめ誤差を多めにお伝えしています。
平置きで30秒など、間違った形で誤差を伝えることが多くなっていますが、当店では時計の実物や現状に応じた正しい誤差の範囲をお伝えしています。

古い機械式時計の場合、機械自体についていえば、時計自体の作りによる限界、作られてから当店の商品になるに至るまで、それまでの保管状態や使用状況による現在の状況、技術に違いのあるいろいろな時計技術者が修理に関わっていることによる良くない形の有無などが誤差に影響します。
また使用状況によって誤差が生まれることもあり、持ち歩かれる時の揺れや重力の関係で、時計の上下左右などの方向が変わったり、振る力に影響を受ければ、それによっても誤差が生じます。

時計それぞれで状態や作りは大きく違いますので、古い時計であっても、誤差が非常に少ないもしくは目安よりもかなり良い誤差に仕上がるものもたくさんあります。
ただ必ず誤差は少なからず出るものですので、誤差の無い時計をお求めのお客様は、新しいデジタル時計をお求めください。
当店としましても、誤差を許容いただけない、誤差を楽しんでいただけないお客様へは、販売をお断りさせていただきます。

男性用の時計を女性でも着けることができますか?
アンティーク時計の男性用腕時計は、「男女兼用」ともいわれることがあります。
その理由は、アンティーク時計の男性用は、もちろん作られた当時としては、男性向けの商品であったことは確かですが、現代の時計と比べてみると少し小ぶりなものであるからです。
時計は時間を見るものではありますが、特に現代ではファッション的な要素がより重視され、特に女性の方でも、大きめの時計を身に着けられる方が増えてきました。
モデルや形にもよりますが、比べていただくと、現代の女性用の腕時計より小さかったり、女性の腕にもぴったりくるサイズであるものが大部分を占めています。
実際に当店でも、男性用を女性のお客様がご購入されることが良くあります。
どんな方が購入されていますか?
アンティーク時計はどれも非常に上品でおしゃれ、どんな年齢層・どんなお客様にも合うのが特徴です。
当店のお客様の年齢層は、下は20歳前後から上は50・60歳以上。
そしてプレゼント用では80歳から100歳までにと、非常に幅広くご利用いただいています。
これもアンティーク時計ならではの質の良さ、上品な色やデザイン、そして時計という「実際に使っていただける」という実用性が、さまざまなお客様のニーズにお答えできるからでしょう。

ご職業では詳しくお伝えできないところもありますが、医療関係や営業関係など常にお客様と対面される方。
また公的機関や役職に就かれている方・自営業を営まれている方など、身に着ける時計にも上質さが求められる方のご利用が多いのは特徴です。
時計を見ていただくことで話がはずむ・何かの力を与えられているようだとご好評をいただいています。
またコンピューターエンジニア・事務関係の方には、机に置いておくと癒しの効果があるようだということでとても好評です。
もちろんプレゼントとしても非常に好評で、本当に特別なプレゼントになったので喜んでいただいたという声をいただきます。

ご注文について

実際に商品を手に取ってみることは可能ですか?
お手続きをいただいて、当店の提携店にご来店いただくことで可能です。
デザインやサイズ・フィット感を見ていただくことはとても重要で、当店も重々承知しております。
写真の数を多く掲載させていただくことで、できるだけわかりやすくさせていただいていますが、実際に着けた写真など、追加の写真がご入用でしたらお気軽にお尋ねください。

提携店にお越しいただけない場合には、先に代金をお預かりさせていただきますが、ご希望の商品をお送りして、実際に見ていただくことも可能です。
ただしご利用には条件がありますので、詳しくはお尋ねください。

欲しい商品がありますが、取り置きはできますか?
当店の商品はアンティークで全てが一点物です。
欲しい商品を今予約しておきたいけれども、お支払いが少し遅くなるという場合には、しばらくの間、お取り置きをさせていただくことも可能です。

商品代金の10%をお支払いいだくことで、1ヶ月のお取り置きをさせていただきます。
期間がさらに長くなる場合は別途ご相談ください。
前もってお支払いいただくご予約金は、ご注文をキャンセルされてもお返しすることはできません。
またセール期間中は、セール価格でお取り置きをすることはできません。

分割払いはできますか?
期間によりますが、対応させていただけることもあります。
ただし商品の発送は、お支払いを済まされてからになります。
お支払い途中でのキャンセルはできませんし、お支払いいただいた金額から違約金などを差し引かせていただいた金額をポイントでのお返しとなります。
年単位での分割払いなど、長期間の分割払いはお受けできません。
注文または問い合わせをしたのに返事がありません
基本的には、営業時間内であれば、当日のうちにご返事を差し上げています。
また営業時間外や休日でも、できる限り当日もしくは翌日にはご返事を差し上げています。

ご注文やお問い合わせの際に、特にフリーメールや携帯メールをお使いの場合は、当店からのメールが受信できない場合があります。
メールアドレスの間違いやお電話番号間違い、また携帯電話やご自宅のお電話で「非通知電話番号からの着信拒否」などの設定をされている場合は、こちらからご連絡を差し上げることができない場合もあります。
当店からの返事が無い場合は、再度メールをお送りいただくか、お電話でもご用件を承りますのでお気軽にお尋ねください。

到着日や時間帯の指定、局留め受け取りはできますか?
海外オーストラリアからの発送になりますので、こちらから商品を発送して、当方の国内事務所で受け取りをしまして、宅急便でお客様のもとへ転送をする形で対応させていただきます。
国内の宅急便を利用してのお届けになりますので、日時指定をしてのお届けが可能です。

郵便局留めに関しては、当店の通常の発送方法である国際郵便でご利用いただけます。
宅急便の配送センター留めについては、上記と同様で国内で転送させていただく形で対応させていただきます。
ご希望がございましたらお気軽にお尋ねください。

届くまでにどのくらい日数がかかりますか?
発送方法にもよりますが、通常は発送から1週間から10日前後です。
EMS速達便をご利用いただくと、最短で4営業日から1週間程度。
書留郵便でも10日前後でお届けできます。
さらにお急ぎの方には、発送から2日ほどでお届けできるDHLもしくはFedEx便のご利用も可能ですが、送料は15000円以上からになります。
プレゼントに使いたいのですが
アンティーク時計は非常に人気で、プレゼントや贈り物としても非常に重宝されています。
特に全てにこだわる当店では、説明書・保証書・ケア用品はもちろん、時計には高級革製ケースや木製の時計立てなど、全て一式をセットでお付けしています。
アンティーク時計が初めてという方でも、贈られた方にすぐに使っていただける、また末永くご利用いただけるように心を配らせていただいています。
探して欲しい商品があるのですが
ブランド名や年代・型番などがわかれば、入手できることもあります。
ご希望の商品があれば、商品についての情報をできるだけ詳しくお伝えください。
大変申し訳ありませんが、時間のかかる仕事になりますので、必ずお名前やご連絡先、また希望する金額など詳しくお伝えください。
金額やご連絡先などをお伝えいただけない場合は、ご返事や取り掛からせていただくことはできません。

 

サービスについて

時計の修理を依頼したいのですが
まずはお持ちの時計について、メールやお電話でお伝えください。
お見積りなどの金額は、概算はお伝えできますが、詳しくは実物を見てみなければわかりません。
当店の東京の住所まで時計をお送りいただいて、1週間ほどで状態の確認とお見積りをさせていただきます。
時計の買い取りはしていますか?
当店では基本的には買い取りは行っていません。
当店で商品をお買い求めいただく際に、時計によっては下取りをさせていただくことはあります。
詳しくは「下取りで買い替えのお手伝い」のページをご覧ください。

数十万円や数百万円で取引されるような高級ブランドの時計であっても、時計として動かすことができない・修理ができない状態であれば金額がお出しできません。
また18金やプラチナなどの高価な貴金属がケースに使われている場合でも同様で、時計として動かなければ、貴金属の価値でしかありません。
潤沢な在庫を持っていることもありますので、時計によっては、下取りという形をさせていただくことはあります。

風防を交換できますか?
当店では基本的にはガラスの風防を利用していますが、時計によってはプラスチック製の風防を取り付けている場合もあります。
ガラス素材には、艶や重厚感など質感が良い反面、割れやすい性質と割れた際に文字盤などを傷つけやすいというデメリットもあります。
それに反してプラスチックには、傷はつきやすいものの素材自体に粘りがあり、割れてもヒビが入る程度であったり、文字盤を傷めにくいというメリット、また特別な型を作り出したとしても、費用があまり高くならないという点でメリットがあります。
菱形・楕円形・カーブなどの特殊な形、古い特別な形に合わせたものも多くの在庫があり、形によってはお取り寄せも可能です。

サファイアガラスへの交換を希望されるお客様もいらっしゃいますが、一般的なガラスに比べて、ガラス自体に非常に厚みがあるため、厚いガラスが取り付けられることが前提になっていなかったアンティーク時計では、基本的には取り付けることできない可能性が高いとお考えください。
また特殊な形の切り出しとなると、費用面でも数万円からと非常に高額になります。

 
 
 
 

< 次のページ >

専門用語について

時計の歯車
時計に関する部品などの用語や、商品ページの説明文で使われている用語などをご説明しています。
続きを読む

< 前のページ >

お電話等でのご相談

古い昔の電話
お電話やFAX、携帯アプリのLINEでもご相談を承ります。営業時間外のお問い合わせは、メールやLINEでご相談ください。
続きを読む

 

関連記事