ベストを着る

 

 

現代のマナーと昔の着こなしを知る

正装の基本は1930年頃、時計などもアクセサリーとして認められた頃の服装・マナーが現在でもお手本になっています。
海外でもそうですが、Black-Tie(正装)が求められる場合でも、国賓クラス・記念式典などのよほどの場合でない限りは、昔のようなきっちりとした正装やマナーは影を潜め、「ある程度昔のマナーに沿う」といった着こなしが求められている程度になってきています。

男性用

戦前には正装というと「燕尾服」が当たり前でしたが、現在では正装といえば「タキシードもしくは黒のスーツ」を指すように変わっていますので、時計も慶弔などのTPOに応じ、昔の決まりをある程度踏まえて着こなしていただくのが良いでしょう。
ここでは現在では知る人も少ないとはいえ、踏まえておいたほうが良いことをご紹介します。

 

 

男性が知っておいたほうが良いこと

基本的に男性の場合は、「シンプルかつエレガントに」ということが求められます。
慶事の場合は基本的には「時間を気にしない」ことがマナーになりますので、時計をこれ見よがしに目立たせることはタブーです。
時計を着ける場合は、腕時計ならドレスウォッチで見た目がシンプルでエレガントなもの、また懐中時計ならベストを着る場合はベストのポケットにあまり目立たないようにしまっておくのがマナーです。
また時計などの装飾品一般に言えることですが「金・銀を混ぜないのがマナー」で、カフスが銀で時計が金などのように金銀を混ぜず、アクセサリーは金銀のどちらかで統一するのが望ましい・紳士的だとされています。
(高貴な家柄の人たちが家宝・オーダーメイドの装飾品をアピールするように、統一された宝石・装飾品を着けることを好んだことから、18世紀頃には紳士の着こなしとしてセット物の装飾品が用いられるようになったことが起源とされています。)

1900年頃の懐中時計を着けた男性の写真

ただし、日本の場合は公式な場では銀色・シルバーの時計を着けることが良いとされ、金色の時計をすることは好まれません。
懐中時計・チェーンもシルバー、腕時計をする場合も時計はシルバー・尾錠もシルバーでベルトも黒が良いとされていて、厳密に言うと少し制限が厳しくなっています。
(装飾品は海外では16世紀頃の王侯貴族階級に好まれたゴールドのチェーンから、時計が発明された18世紀以降はゴールドの懐中時計が好まれるようになりました。海外では特に金・銀の使い分けに決まりが無いことから、日本の場合は西洋文化が取り入れられた頃の日本独特の階級制度や謙譲の美徳によって、シルバーを着ることが望ましいとされたものだと推測されます。)

懐中時計を着ける紳士
懐中時計とチェーンの身に着け方については、下記のページでより詳しくご説明をしていますので、こちらの記事もお読みください。
チェーンの身に着け方と実例

 

 

女性が知っておいたほうが良いこと

女性の場合は男性よりもエレガントさが求められます。
特に腕時計を着ける場合はエレガントさが求められ、宝石のちりばめられているもの・ジュエリーとしてエレガントさのある見た目を備えた腕時計をすることが良いとされています。
もしそれに該当する・ふさわしい時計が無い場合は、時計はしないほうが良いとされています。

1900年頃のジュエリーを身に着けた女性

男性の場合と同じで金銀は混ぜないのが基本ですが、現代では金銀を併せ持つジュエリーも多く、見た目に違和感がなければ金銀をうまく使っていただくのも現代での着け方として良いとされるべきでしょう。
戦前の男子優先という考え方から、西洋でも東洋でも昔は男性のほうが華やかに飾り立てるという時代もありましたが、現代ではどんな場所でも女性が主役です。
現代のマナーに反しないものであれば、服装も華やかにそして時計も華やかに着飾っていただくのが良いでしょう。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
チェーンの身に着け方と実例
 
< 前のページ >
してはいけないこと

 

関連記事