オメガの歴史と特徴


常に新しい試みで時代を牽引し続けるスイス時計界の古豪。

オメガの懐中時計

 

 

オメガの歴史とご紹介

時計の一流ブランドとして、いまや知らない人はいないほどのオメガ。
その誕生は1848年と古く、時計のメッカであるスイスから興ります。
小さな工房が多かった時代に、比較的大きな規模からスタートできたオメガは、数々の賞を受賞しながら順調な成長を遂げていきます。
その名前が一気に広まったのは、1932年のオリンピックの公式時計としての採用でした。
その後も多くのオリンピック大会の公式時計として採用され、「信頼性のある時計・耐久性のある時計」として、深海から宇宙・月への探検にも使用された時計として、そのブランド名を確固たるものとし、誰もが知るメーカーとして現在に至ります。

 

 

印刷物・広告に見る時計の変遷

 

 

アンティークオメガのお勧めポイント

現在販売されている新しい時計は、スピードマスター・シーマスターのようにオメガのスタイルが出来上がっているため、あまり面白みのないデザインが多くなっていますが、アンティーク時計としては人気のあるメーカーです。
とても古い歴史のある一流メーカーであり、現在まで続くメーカーであることから、長い歴史を物語るようなたくさんの時計を世に送り出しています。

特にアンティークでは、オメガの創業時代は懐中時計ですから、古い懐中時計もたくさん残されていて、腕時計としても懐中時計の面影を残す初期の腕時計から、手巻き時計の全盛期のものなど、定番のスタイルが主流になっている今のオメガからは想像ができないような、さまざまなデザインの時計を楽しむことができます。

現存する人気のメーカーということもあって、アンティーク時計の人気も衰えがありません。
オメガファンなら、昔の重厚感ある懐中時計はぜひ楽しんでいただきたいところで、第一次大戦前後の軍用時計、1910~30年代の初期型の腕時計にアンティークらしい、とても味わいのあるものが多くあります。
ブランド自体の人気から、どうしても値段は高くなりがちですが、誰もが知っているブランドでもあり、着けていて楽しめるブランドでもあります。

オメガの非常に古い腕時計

アンティーク期間を通して言えるのは、デザイン的にはその時代の比較的定番、大人しいデザインのものが多く、メーカーのイメージともいえる「王道」的な形のものが多いのが特徴です。
特別な形やデザインの時計は、人気のあるメーカーでファン層の多いメーカーであることから、あまり出回りにくくなっています。
押さえていただくなら、比較的リーズナブルな懐中時計、そして希少で高価な初期の腕時計、40・50年代のレトロなスタイルの腕時計の3つが面白い組み合わせです。

 

 

オメガのアンティーク時計

オメガの時計を当店の商品から探す

 

 

参考記事とリンク

オメガ社のホームページ <公式英語版
現存するスイスのオメガ社。日本語でもホームページが提供されています。
現行商品の紹介、ブランドイメージに起用された有名人の写真、歴史の紹介などボリュームのあるホームページです。日本語・英語ともに同じ内容という点もさすがです。

時計ファンのオメガのページ
昔のオメガの広告を見ることができます。

ウィキペディアのオメガのページ
オメガ社の歴史などの詳細が順を追って紹介されています。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
メーカー紹介:シーマ(タバン)
 
< 前のページ >
機械や巻き芯のぐらつき

 


関連記事