ラッセルの歴史と特徴


ビクトリア女王に愛された王家の御用達。イギリス時計ブランドの老舗。

ラッセルの古い懐中時計

 

 

ラッセルの歴史とご紹介

ラッセルはトーマス・ラッセルを始祖とする、1848年に設立されたイギリスの有名な時計メーカーの1つ。
特にイギリス北西部・ランカシャーでは、初代トーマスの名前はその地方の時計産業の歴史と並び称されると言われるほどです。

ビクトリア女王より王室御用達の勅許状を受け、機械に女王の銘を冠したことで、時計メーカーとして・またイギリスの1ブランドとして大きな飛躍を果たします。
その後、ブランドは子供たちに受け継がれながら、イギリス時計メーカーとしては長く活躍を続け、腕時計への移り変わり・第一次や第二次世界大戦を乗り越えて残り続けますが、残念ながら他の多くの時計メーカーと同じように、21世紀を待たずしてその工房は閉じられています。

 

 

アンティークラッセルのお勧めポイント

人気があるのは、やはり初代のトーマスの頃に作られた懐中時計や、女王の銘を持つ懐中時計。
ただどちらもメーカーの創業初代や2代目という時代で、年代的に非常にも古く、懐中時計としては現在のようにリューズ巻きでないものがほとんどです。
集めて面白いのはこの頃ですが、鍵巻き式などは懐中時計の知識やある程度の経験が必要ですので、リューズ巻きでないものは初めての方にはお勧めしづらいところではあります。

【 QUEENの刻印のある機械 】
ラッセルの機械

 

ラッセルの時計を当店の商品から探す

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
メーカー紹介:無銘
 
< 前のページ >
メーカー紹介:ベンソン

 


関連記事