ボタン式の銀時計

 

 

ボタンを押し込んだ状態で時刻を合わせる

時計のリューズ近くに、写真のような「爪楊枝の頭のようなボタン」が付いているものは、下記の手順で時刻を合わせてください。
ボタンの付いている位置は時計によって若干違います。

ダボ押しのボタン

 

手順① ボタンを押す

ボタンは爪先で押せるほどの大きさです。
爪の先でボタンをしっかりと押し込んでください。
ボタンがちょうど時計に隠れるほどまで押し込んで、そのままの状態で保持してください。

ボタンをしっかりと押し込む

 

手順② ボタンを押したままリューズを回し時刻を合わせる

ボタンを押したままの状態でリューズを回すと、長針と短針が回り、時刻が合わせられるようになります。
ボタンは必ず押し込んだままの状態で、時刻を合わせてください。

持ち方に特に決まりはありませんが、しっかりとボタンを押した状態でリューズを回す必要がありますので、下記のように左手親指でボタンを押して右手でリューズを回す、もしくは右手人差し指でボタンを押して、左手でリューズを回す形だと、固定しやすく操作もしやすいはずです。
 
【 左手でボタンを押さえ右手でリューズを回す 】
左手でボタンを押さえ右手でリューズを回す

【 右手でボタンを押さえ左手でリューズを回す 】
右手でボタンを押さえ左手でリューズを回す

 

手順③ 指先をボタンから離す

時刻合わせが終わったら、必ずリューズ回しが完全に終わってから、ボタンから指を離してください。
ボタンから指を離すと、ボタンの位置は押し込む前の状態に戻ります。

 

 

ぜんまいの巻き上げ

基本的にはリューズがあれば、リューズ式の巻き上げと同じです。
ダボ押し・ボタン式は、時刻合わせにのみ関係する形式です。

 

 

ダボ押し・ボタン式のご注意

ボタンを押すときに押し方が甘いと、時刻を合わせようとリューズを回した際に、長針・短針が回ったり回らなかったり、空回りをしているような状態が起こります。
ボタンの押し込みが足りないと、このような状態が起こります。
もう少ししっかりと押し込んで、改めてリューズを回して様子をみてください。

それでもまだ同様の症状が起こる、もしくはボタンを押してリューズを回しても針が動かない、ボタンが飛び出す、指を離してもボタンが元の状態に戻らない時は、ボタンの芯もしくはバネ部分に問題がある可能性があります。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
してはいけないこと
 
< 前のページ >
剣引き・レバー式の使い方

 

関連記事