時計の機械

 

 

長く使えるものですが修理には限界があります

小さな部品で構成される機械式時計と呼ばれる時計は、デジタルやクォーツ時計とは違い、部品を作ったり交換することで長くお使いいただける時計として知られています。
アンティーク時計もこの機械式時計で、メンテナンスを続けてあげることで「子供や孫の世代に」伝えられる時計として人気があります。
ただいくら機械式時計だからと言って、全ての故障や破損が修理できるのかといえば、制作ができない部品や入手の難しい部品が破損した場合、修理は難しくなります。

ルビーの見える機械

非常に繊細な部品や特殊な素材を用いたもの、再現が難しい部品や素材の固さまでもが一致しなければ正しく動かない部品などがあり、必ずしも部品の制作ができるわけではありません。
制作のできない部品の交換が必要になる場合には、現存する部品を入手したり、交換するための部品を得るために同じ機械を入手したりして、修理をすることになります。
また機械の状態によっては、機械自体を交換しなければならないこともあります。
このような作業が必要な修理には、日数がかかったり、時計の種類や該当部品によってはかなりの費用がかかることもあります。

 

 

予備の機械があれば安心

当店で行っているこのサービスは、このような将来的な故障に備えるための特別なサービスです。
ご注文をいただく時計や今お持ちの時計に何かあった時のために、一種の保険として現時点で同じ機械を入手しておくのです。
そうすることで、万が一、今お持ちの時計の機械に破損や部品を交換する必要があったとしても、その予備の機械で全て対応ができるようになります。

時計の故障や破損にはいろいろな原因があり、ただ単に部品が必要な場合もあれば、機械そのものが使えなくなる破損もあります。
当店で行わせていただくのは、単なる「もう1つの機械」の入手ではなく、「この機械だけでも動かせる」状態にしてご用意をさせていただくこと。
その機械単独でも正常に動く状態のものを入手し、その機械に対してオーバーホールなどのメンテナンスを施してお届けします。

そうすることで、万が一、お持ちの時計に問題があった時でも、その予備の機械で対応することができるようになります。
部品だけが必要であれば、その機械から部品を取ることも可能ですし、機械自体が必要であれば、予備の機械と入れ替えてあげることすらできるようになります。
それは人間に例えるなら、移植に必要なところを全て用意しておくような最も心強い保険なのです。

予備の機械

 

 

ご検討されるなら「今」がお勧めです

もしお持ちの時計が大切なものであって、長くお使いいただくことをお考えでしたら、できるだけ早めにご依頼ください。
その理由は、高級な時計であればあるほど、そして希少な時計であればあるほど、その部品や機械自体はどんどん数が減っていっているからです。
現代まで残っている部品の数も限られたもの、そして機械や時計自体の数も限られたもので、数十年前という昔に作られたものですから、その数は減ることこそあれ、今から増えることはありません。

例えば、高級なオメガやロレックスの時計があったとして、それをお持ちの方が修理を望まれた場合、「どれだけ費用がかかってもかまわない」というお客様があれば、そのような依頼に対して、貴重な部品や残っている機械が修理に使用されて、自然減少も合わせて年を経るごとに数が減っていきます。
数が経れば必然的に値段は上がり、現在と5年・10年先を比べれば、部品にしても予備の機械にしても値段が上がるのは明らかで、部品や機械の値段は年を追うごとに値上がりしています。
実際に2000年頃に数千円・数万円で入手できていたものが、現在ではその数倍、部品や機械によっては数十万円単位になっているものもあります。
もし本当に長くお使いいただくことをお考えで、将来お子様にも伝えられたいとお考えでしたら、ぜひこの機会にご検討ください。

 

 

すべての方にお勧めするものではありません

機械を入手するだけではなく、「正常に動く」機械をご用意することになりますので、その手順は、商品としての「時計1つ」をご用意させていただくのと同じです。
お届けできる品質の機械を入手し、かつ販売する商品と同じように、必要な部品を入手しながら状態も整えていきます。
予備の機械とはいえ、お届けするときにはオーバーホールも済まし、「商品の時計と同じもの」をご用意することになります。
そのため、予備の機械をご用意させていただくのは、決して安いものではありません。

制作のできない部品に破損がでることや、機械自体が使えなくなるような破損というのは、確率的にそれほどあるわけではありません。
例えば、時計を落としてしまって、重要な部品が折れてしまった。
長くお使いいただいて、機械や部品自体に摩耗が出てしまった等、このような理由があって、部品や機械が必要となるからです。
そうでなければ、通常はオーバーホールと呼ばれるメンテナンスや調整程度の修理で対応できるものです。
また修理が必要だと分かった時に、必要な部品が作れる部品であることもありますし、必要な部品や機械がまだ入手できる可能性ももちろんあります。

腕時計の機械

落とすことが無いとは言い切れないものでもありますし、ずっと長く使いたいので何か良い方法はないものかとご相談を良くいただきます。
「壊れたら他の時計を買ってもいいな」と思われる時計の場合は、このサービスはお勧めしません。
ご検討いただいている時計が「この時計ではなければ」という本当に大切なものであって、かつ費用的にもかなりかかってしまってもかまわない場合のみご検討ください。

 

 

入手するための費用と期間

費用は時計や機械によってまったく異なるため、決まった金額はなく、すべて時価になります。
製造された数の比較的多い機械であれば、入手自体も比較的容易ですから、費用もそれほどかかりませんが、年代的なことや高級メーカーであることから製造された数が少ないとなると、「動く機械」を入手するだけでも非常に高額になります。
高級メーカーや希少な機械、年代が古いものになれば、10万円以上・数十万円という金額になることもあります。
期間についても同様で、早くご用意できるものであれば数か月、珍しいものになると半年や年単位でお待ちいただくこともあります。
詳しくはお尋ねください。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
時計バンドやベルトのオーダーメイド
 
< 前のページ >
新品仕上げと補修サービス

 

関連記事