ウォルサムの歴史と特徴


アンティーク時計で絶大な人気を誇る。時計を見ればその理由がわかる。

ウォルサムの金彩模様の文字盤

 

 

ウォルサムの歴史とご紹介

ウォルサムの創業は古く、1850年にまでさかのぼります。
当時1つひとつが手作りされていた時計を、工業的に統一された規格で生産することを目指しますが、技術的には現在とは比べ物にならない当時のこと、その道のりは長く険しいものでした。
部品を均一に作り出す機械自体を生み出すことから始まり、苦労の末出来上がった機械が生み出す時計は、結局1つづつ調整が必要であったことなどから資金難に陥り、何度となく経営者や社名が変わりました。

ただそういった先駆者としての苦労の甲斐もあって、その後ウォルサムの時計はアメリカ大統領となったリンカーンにも愛用され、18世紀後半の鉄道用懐中時計需要の主流をも担い、アメリカの最古・最大手の時計メーカーにまで成長しました。
昨今では1971年のアポロ15号の月探索の際、オメガのスピードマスターが壊れたためにウォルサムが使用されたということです。

 

 

印刷物・広告に見る時計の変遷

 

 

アンティークウォルサムのお勧めポイント

特に懐中時計から初期型の腕時計時代にかけて、当時の時計のパイオニアとして、文字盤・ケース・機械などにさまざまな新しいアイデアを導入していたことから、ウォルサムのアンティーク時計には一味違った、斬新なデザインや工夫が見られるのが特徴です。
鉄道用のシンプルな懐中時計はもちろん、高級品や婦人用の懐中時計でもデザイン性の優れた時計をたくさん残しています。

ウォルサムの銀無垢懐中時計のケース

懐中時計で人気があるのは、ケースに非常に綺麗な装飾が施されたものや、金銀宝石をちりばめたり色彩豊かな文字盤を持つものがあり、これら2つの組み合わされたものは、まるで美術品や芸術品のような風貌を備えていることから特に人気があります。
素材としても、鉄道時計に見られるようなニッケルなどの一般的な金属から、高価な金無垢、そして味のある銀無垢など、またデザイン的にもシンプルなものから豪華なものまで、作りやデザインが本当に多岐にわたっていて、素材からデザインまでかなり幅広く好みのものが選ぶことができます。
当時の他のメーカーは、デザイン的に特に限られたものが多いため、突き詰めて好みのものを探すことは難しいものですが、ウォルサムと同系のエルジンに関しては、自分の好みに合う懐中時計に出会うことが期待できるメーカーです。

ウォルサムの機械に施されたマーク

またウォルサム社の歴史は、懐中時計から腕時計への移行期を経ているため、懐中時計の作りをそのまま引き継いだような、まさに懐中時計と腕時計の境目、腕時計としても使える懐中時計、懐中時計の機械をそのまま腕時計にしたものといった味のある時計が多くあり、そういった時計を手に入れることができれば、時代を感じるアンティークとして楽しめること間違いなしです。

100年を経た懐中時計、デザイン性や装飾性の高い懐中時計、懐中時計の面影を残す初期の腕時計、戦時中の軍用時計など、アンティーク時計としてお楽しみいただくには本当に幅広い選択肢があり、深くそして幅広く楽しめるメーカーだといえるでしょう。
ただクォーツなどの時代の流れの中で、ウォルサム自体は無くなってしまい、昔のウォルサムを継承しない形で復興されていますので、古い時計を楽しんでいただくなら、懐中時計から30年代頃の時計のほうが楽しめるメーカーです。

 

 

ウォルサムのアンティーク時計

ウォルサムの時計を当店の商品から探す

 

 

参考記事とリンク

ウォルサム社のホームページ
現存するスイスのウォルサム社。ホームページは英語のみです。
現在の商品や創業時からの歴史・昔の時計などを少し見ることができます。

時計ファンのウォルサムのページ
昔のウォルサムの広告を見ることができます。

ウィキペディアのウォルサムのページ
ウォルサム社の歴史などの詳細が順を追って紹介されています。

 

■ 次の記事を読む ■

 
< 次のページ >
メーカー紹介:エルジン
 
< 前のページ >
メーカー紹介:イリノイ

 


関連記事