メルボルン大荒れ – ゴルフボール大の雹が降る

ゴルフボール大の雹
 

開催中のキャンペーン

 

開催中のキャンペーン

昨日のメルボルンは、まさに大嵐・大荒れでした。
本当にびっくりするほど、ゴルフボール大の雹(ヒョウ)が空から大量に落ちてきました。
雪やこんこん、あられやこんこんと、歌えるような物ではありません・・・
こんなのは、本当に十数年ぶり。

どういうものだったのか、映像で見てもらえれば、その怖さがわかります。

 
 

昨日のメルボルンは、35度くらいあったのでしょうか。
日中、暑い最中に知り合いと出会って、「暑い日が続いているので、今日の夜あたり大雨でも降りそうだね」なんていう話をしていました。

夕方家に帰って、とりあえず家族もみんな帰ってきて、ご飯を食べ終わって後片付けをしていると。
どこからか「バン!バン!」という音が。
2階の窓を開けていたので、家内にブラインドの音じゃない?
窓を閉めてきてと頼みました。

 

それでも何か得体のしれない音だったので、私は外を見て見ることに。
すると外を見て見ると、何やら大きな雨粒のようなものが降っていて、それが音を立てていることに気付きました。

「でっかい雨粒だなぁ」なんて思ってよく見ると、なんと大きな雹だということに気づきました。
しばらく見ていると、バンバンという音は、ドドドドド!!という轟音に。

ゴルフボール大の雹

こんな大きな雹が、大量に空から地面に叩きつけるように落ち始めました。
バンバンと地面に落ちるゴルフボール大の雹、そしてそれがまるでピンポン玉のように、地面から跳ね返る。
カンカン!!と屋根の瓦に叩きつけられる音。
ドン!ガン!バン!と、何かに当たる音が響き続けます。

さすがにこれはダメだと思い、窓ガラスが割れると危ないので、すぐにブラインドを落とすことに。
窓ガラス割れないでね・・・
屋根直してペンキも塗ってもらったばかりなのに、割れないでね・・・
車の屋根、ダメだろうな・・・

なんとかしたいことは考えるのですが、危なすぎて外に出ることなんてできません。
ただ眺めていることしかできませんでした。

5分、10分くらい降ったでしょうか。
なんとか収まってくれたと思ったら、次は大豪雨。
ヒョウを洗い流すかのように雨が降り、そのあとには日差しが。
怖さを感じるほどの経験でした。

 

幸いにも、私の家の被害は、車の屋根に無数の小さな凹みができた程度。
破損したものといえば、洗って外に干しておいた、プラスチックの大きな衣装ケースがこの通り。
ヒョウが打ち抜いたことが一目瞭然。
どれだけの衝撃かわかりますよね。

雹が壊したプラスチックの衣装ケース

 
 

しばらくすると、近くに住む友達の家からメッセージが。
天窓が打ち砕かれて、トイレが大浸水したとのこと。

私の家にはしごを借りに来て、明日の朝、屋根にカバーを掛けるということでした。
トイレに行くのに傘が要ったよ、と笑って話してくれていましたが・・・

私も家の外に出て調べてみましたが、野菜や木がボコボコに折れ曲がっている程度。
なんとか被害らしい被害はなかったようです。

桜の葉と雹

庭に落ちた雹
 

集めた大粒の雹

もうかれこれ十数年前のことになりますが、その時もこんな大粒の雹が降ったことがありました。
その時は、確かムンバフェスティバルというメルボルンの秋祭りの最中で、家内と一緒に屋台の屋根に身を隠したことをよく覚えています。

普段は地震や台風もない穏やかなメルボルンですが、こんな大粒の雹が降ってくることがあります。
いやはや、これじゃあ新車は一発で台無しですね。