リューズの引き方と時刻合わせ


慣れてしまえば簡単ですが、最初は力加減や引き方がよくわからないものです。

金時計

 

 

リューズを引いて時刻を合わせる

リューズを引くのは一度覚えてしまえば難しいものではありません。
基本は初めてお使いいただく時は「ゆっくりと丁寧に」。
リューズをつまんで引くだけですが、ゆっくりと力を強くしていくと、引ける力になるとカチッとリューズは引きあがります。
一番最初は力加減がわからないので、こんなに強く引くと壊れてしまうのでは?と心配になってしまうかもしれませんが、コツと力加減さえわかってしまえば、次からは簡単なものです。
リューズの形によっては、少しコツがありますので、下記にそれぞれのタイプについてご説明をさせていただきます。

 

 

リューズの下に隙間が少ないタイプ

このタイプは、リューズの収まる部分が、リューズが埋まるような作りになっているため、リューズの下にあまり隙間が無く引きにくいと感じます。

 

手順① 爪先をリューズの下に差し込む

リューズの下に爪を入れる

爪先をリューズの下に差し込むような感じ・親指と人差し指の指先でリューズの下をつまむような感じで指を差し入れます。
時計が動かないように、もう片方の手でしっかりと時計を持ってください。

 

手順② 2つの指を一直線にするように引く

爪先を引いてリューズを引き出す

リューズをつまんだ2本の指先の爪を一直線にするようなイメージで、指先を手前に戻す感じで引きます。
リューズをつまんで引くというよりも、くぎ抜きで釘を抜くように、爪先を使ってリューズを抜き上げるようなイメージです。

 

爪を使わずに引くには

爪を使わずに引く

毎日の操作ですから、上記の方法では、爪を大切にされている女性の方が、爪先を傷めてしまうことがあります。
そのような場合には、人差し指の第一関節手前、そして親指の腹でリューズをしっかりと挟み込んで引き上げてください。
必ずしもこの指や場所でなければならないということはありませんので、一番引きやすい指と固定しやすい場所で引いてください。

 

 

リューズの丸いタイプ

このタイプは、初めての方でも感覚的に一番引きやすいタイプで、丸いリューズがぽっこりと出ている感じですので、それを引いていただくだけです。

 

手順① 輪を倒しておく

懐中時計の丸いリューズ

懐中時計に共通することですが、時計を掛けるための輪がリューズを引く邪魔になりますので、これは横に倒しておきます。

 

手順② リューズを引く

リューズを指で引く

人差し指の第一関節辺りにリューズを載せるような感じで、親指と人差し指でリューズをしっかりとはさみます。
時計が動かないように、もう片方の手でしっかりと時計を持ってリューズを引いてください。

 

 

腕時計のリューズ

腕時計でもアンティーク時計のリューズは、リューズ自体が小さく指自体ではつまめないものがほとんどです。
リューズと時計の間の隙間も少ないため、爪先を利用して引いていただく形になります。
一番最初にご紹介した、懐中時計のリューズとおおむね同じ引き方です。

 

手順① 爪先をリューズの下に差し込む

腕時計のリューズに爪先を入れる

爪先をリューズの下に差し込むような感じ・親指と人差し指の指先でリューズの下をつまむような感じで指を差し入れます。
時計が動かないように、もう片方の手でしっかりと時計を持ってください。

 

手順① 2つの指を一直線にするように引く

腕時計のリューズを引く

リューズをつまんだ2本の指先の爪が平行にするようなイメージで、指先を手前に戻す感じで引きます。
リューズをつまんで引くというよりも、くぎ抜きで釘を抜くように、爪先を使ってリューズを抜き上げるようなイメージです。

 

 

リューズ式の時刻合わせ

リューズ式の時刻合わせは、リューズを引いたあとにリューズを回すだけです。
リューズを回すと、短針と長針が動きます。
リューズを左回しにすると時間が戻り、右回しに回すと時間が進みます。
機械の中には、左回し・時間を戻すと部品を傷めるものもあります。詳しくは下記のQ&Aをお読みください。

 

 

リューズ操作に関するご注意

懐中時計には、ボタン式・レバー式・鍵巻き式という時刻を合わせる方法があり、腕時計でもまれに同じ作りを持つものがあります。
これらの方法を取る作りの時計では、リューズ自体はあるものの、リューズを引く必要が無い・引けないことがあります。
リューズが引けないものは、無理に力を入れて引くと故障の原因になります。
初めてリューズを引くときは、その時計がリューズを引くことを必要とするタイプかどうかを必ずご確認ください。

 

女性の方は爪先の欠けや割れにご注意

爪先を利用してリューズを引き上げる際に、爪先が欠けたり割れることがありますのでご注意ください。
特に女性の方は、爪を大切にされる方が多いと思います。
指先に薄い布を当てて操作していただくと、爪先を保護することができます。

 

 

リューズ操作に関するQ&A

リューズを強く引くと抜けませんか?

基本的には、普通の力で引いていただくだけでは、リューズ(巻き芯)が抜けることはありません。
普通の力で抜けてしまうことがあれば、リューズが付いている芯棒(巻き芯)を留めている部品に問題があることが考えられます。
古い時計の場合、留めている部品もしくは巻き芯の摩耗で、抜けやすくなることがあります。

 

リューズが取れてしまいました

リューズの押し引きではなく、巻き上げや時刻合わせの際にリューズが取れてしまうことがあります。
巻き芯の先にリューズが取り付けられていますが、常に巻かれるリューズは基本的には消耗品で、ねじ込みと軽い接着によって止まっています。
そのため、使っていると取れてしまうことはあります。
外れてしまった場合には、取れたリューズとともに修理を依頼するようにしてください。
無くなった場合に汎用品や合うリューズがあることもありますが、特殊なリューズの場合は合わせることが難しいこともあります。

より詳しくご説明をしていますので、こちらの記事もお読みください。
リューズが取れてしまったら

 

時刻合わせは右回しが良い?

カレンダーやムーンフェイズなど、特殊な機能が無いようであれば、基本的には、左回しにして時間を戻して合わせても問題はありません。
特殊な機能があるもので年代の古いものであれば、時間を戻すことによって部品を破損させてしまうこともあり、古い時計の中には、左回しをすると壊れると販売当時の説明書などに明記されているものもあります。

ただあまり気にしすぎると、5分早いだけの時刻を調整するにも、12時間分時計を進めなければならず手間がかかります。
お持ちの時計をよくご存じであれば、特にどちらでも気にしていただく必要はありません。
カレンダーなどの時刻以外の特殊な機能があったり、良く分からない場合には、右回し(時計を進める)方向だけで時間を合わせることをお勧めします。

 
 

< 次のページ >

鍵巻き式の使い方

鍵巻き式懐中時計と鍵巻き
より年代の古い懐中時計に見られる作りで、懐中時計に付属する鍵を使って巻き上げます。裏蓋側に鍵を差し込む穴があるのが見分け方です。
続きを読む

< 前のページ >

リューズを巻いて動かす

一般的な懐中時計
古い手巻き式の時計なら、まずはリューズを巻いて動かしてあげるところから始めます。知らない人が多い、正しい巻き上げ方もご紹介しています。
続きを読む

 

関連記事